武蔵大学 生命の水

2017年05月24日

ある日の昼下がり…

コマツ)授業終わったね。

オボカタ)昼ごはん食べにいこうか。

コマツ)そうだね…あれ?あそこで1年生が泣いている。行ってみよう。

1年生)うぅ…。

オボカタ)どうしたんだい?

1年生)実は、キャンパス内に自動販売機がありすぎて使い分けられないんです…

コマツ)一大事じゃないか!?今からどういうときにどこで買えばいいのかケース別に教えてあげるから安心してくれ。

1年生)ありがとうございます!!!

オボカタ)ジャンジャン紹介するから聞き逃さないでね!!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

(CASE1 図書館前で勉強しすぎた場合)

図書館から出てくるコマツ…

コマツ)8時間通して参考書読んで、けっこう疲れたな。少し外に出て風にあたろ…。

オボカタ)やあコマツ、勉強か?さすがだな。

コマツ)いや、本と遊んでいただけだよ。ただ少し疲れてね…

オボカタ)コーヒーでも飲んで一服すればリラックスできそうなものだけど。自動販売機となないかなぁ。

コマツ)図書館の近くに、そんなものあるわけ…こ、これは!?

 

こうしてコマツは救われた…

(ちなみに…図書館内は閲覧室のみ、密封容器入りの飲み物を飲むことができます。)

(CASE2 愛校心を潤したい場合)

オボカタ)♪むさし~、むさし~、むさし~…

コマツ)オボカタまた武蔵大学讃歌口ずさんでるよ…ところで武蔵の水って知ってるか?

オボカタ)なんだよそれ、そんなすばらしい商品があるのか!?それはどこで売っているんだよコマツ!!

コマツ)相変わらず暑苦しい奴だな…3号館学生ラウンジ前の自動販売機だよ…。

~3号館学生ラウンジ前の自動販売機前に移動して~

オボカタ)コマツ!!見ろよこの自動販売機!!武蔵大学のロゴマーク付きの自動販売機だぞ!!さらに、そのマークが印刷された水まで売ってるぞ!!(ゴクゴク…)しかもなんておいしいんだ!!

 

 

こうしてオボカタの愛校心は保たれた…。

(CASE3 体育の授業で疲れた場合)

コマツ)おいおい…どうしたオボカタ。体育の授業なのに疲れすぎじゃないか…。

オボカタ)いやぁ、もう歳だな。肉体の老化には逆らえないわ…。

コマツ)いやお前まだ十代だろ…なに言ってるんだよ…しょうがない。なにか体育館の前で飲み物でも奢ってやるよ。

オボカタ)さすが、コマツ!!イケメン、高身長、いじられキャラ!!

コマツ)最後の一言余計だろ…。

 

こうしてオボカタは蘇った…

(CASE4 授業の前に喉が渇いた場合)

オボカタ)次は6号館で授業か。なんか喉乾いたな。喉乾いたよなコマツ。

コマツ)いや、もう奢んねえぞ…。

オボカタ)あっ、あんなところに自動販売機がある!

コマツ)(えっ、こんなところに自動販売機あったんだ…)だから、もう奢んないって言ってんだろ!!

※はなみずき広場から、6号館2階に向かう階段の下

人のいいコマツは、結局オボカタにジュースを奢って次の授業に向かった…。

(CASE5 生協が混んでいるのに喉が渇いた場合)

オボカタ)喉乾いたなぁ…あれっ…食堂も生協購買書籍部も混んでるよぉ…。

コマツ)こんなときは!!2号館前の自動販売機へ!

オボカタ)いよいよコマツが自動販売機のセールスマンみたいになってきたな…。

 

こうして2人の喉の潤いは保たれた…

(CASE6 サークル活動中に喉が渇いた場合)

コマツ)ふぅ…。今書いている記事も、一段落ついたな。やっぱり編集室だと、作業がはかどる。

*Webマガジンの編集室は10号館2階にあります。

オボカタ)さすがコマツ。記事を書くだけではなく、タイピングの音で「トルコ行進曲」を奏でるなんて、人間ワザじゃないよ。

コマツ)ははっ、練習すれば、誰でもできるようになるさ。

オボカタ)いいものを聴かせてもらったお礼にジュースを奢らせてくれ。なぁに、気にするなよ。もし気にするようなら今度はコマツが奢ってくれ。じゃあすぐ下の階に自動販売機があるから買ってくるわ。

コマツ)…。ありがとうな。(俺がいつも奢っていること、忘れているのか…?)

 

こうしてコマツは複雑な表情でジュースを受け取った…

(CASE7 空中庭園で喉が渇いた場合)

コマツ)空中庭園で読書もなかなかオツなものだな。

オボカタ)何を読んでいるんだ?

コマツ)広辞苑。

オボカタ)さすがコマツ、努力を怠らない男。

コマツ)いやいや大したことないよ。オボカタは何を読んでいるんだ?

オボカタ)砂漠で遭難した人の伝記。筆者の気持ちになるために、もう3日は水を飲んでないよ。あぁ…目の前がかすむ…。

コマツ)おい!大丈夫か!?今水を買ってくるから待っててくれ!!!8号館3階に自動販売機は…あった!!

 

こうしてオボカタは一命をとりとめた…

(CASE8 3号館学生ラウンジで喉が渇いた場合)

コマツ)3号館学生ラウンジで日本の経済と政治の未来について話してたら、もうこんな時間か。

オボカタ)さすがコマツ。ここまでくるともうドン引きだな。

コマツ)ノンストップで話したからのどが渇いたな。

オボカタ)俺も…だよ…ガクッ

コマツ)おい!どうしたオボカタ!?

オボカタ)コマツの話についていくために徹夜で勉強してたんだ…

コマツ)そうだったのか…今コーヒーを買ってくるから待っていてくれ。飲んだら熱い議論の続きしような。

オボカタ)え…寝たい…

 

コマツ)さて、議論の続きをしようか。

 

こうして二人は日本の未来を熱く語った…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1年生)ありがとうございます!!!先輩方のおかげで、迷わず飲み物を買えそうです!!

コマツ)礼はいらないよ。後輩を助けるのが、先輩の役目だからね。

オボカタ)その通り。俺はいつも熱いハートをもって人に接しているよ。

コマツ)あー走りたくなってきた。さあ!あの夕日に向かって飲み物を買いに行こう!!!

1年生)はい!!!

コマツとオボカタは走り続ける…。1年生の笑顔のために…!!


  

  (社会学部2年 小松崎晃 小保方紀瑛)

PAGE TOP