合宿免許って何だ?謎すぎるので聞いてみた

2020年10月07日

こんにちは、小林です。

 

みなさん、合宿免許って知ってますか?一般的に、2週間ほどの短期間で合宿所や教習所近くのホテルに滞在し、自動車の運転免許を取得するための手段として知られていると思います。そして最近では、観光付きのプランもあるなんて噂も、、、。

 

うーん、、、それにしても、、、謎すぎる!

 

短期で取れるってことは、教習の内容が夜も眠れないくらいハードなの?どんな所に宿泊するの?合宿ってことは白米をめちゃめちゃ食べなきゃダメなの?などなど疑問は尽きません。おいしい話には必ず裏があるはずだ!

 

なので今年の夏、実際に参加した武蔵大生にインタビューしてみました!いっぱい質問をして謎に包まれた合宿免許の実態を探りたいと思います。

 

答えてくれたのは、人文学部1年生のNちゃんです。免許取得のため夏休みを利用して、友人と千葉県の教習所の合宿に参加していました。好きな食べ物は固めの杏仁豆腐とサンマの塩焼きだそう。

 



合宿免許ってどんなところ?





「よろしくお願いします!まずは合宿お疲れ様でした」

「よろしくお願いします、ありがとうございます!」

「では最初に、通学で取る免許との違いについて教えていただきたいです」

「分かりました!まず、これが1日の大体のスケジュールなんですけど」



「おお、結構一日を通して予定があるんですね!」

「はい、通学免許よりも一日に受ける教習、特に学科教習の量が多いと思います。教習期間が2週間程なので、その期間は運転のことにしっかり集中できました!」

「なるほど、やはり短期間集中なんですね!でも、空き時間も結構ありますね、暇にはならなかったですか?」


「空き時間は検定試験のための勉強時間に当てていましたね、覚えなければならないことがかなりあったので、有効活用していました」

「効率的だ!」


至れり尽くせりな生活環境



「普段の生活とは随分違う環境やリズムで過ごすことになるわけですけど、合宿所での生活で何かストレスとかはありましたか?」

「そうですね~、私が滞在していたのは教習所内に併設された合宿所だったんですが、1人部屋で、男子寮と女子寮に分かれていて、インターネット環境もあるし、ホテルみたいでした!プライベート空間がしっかり確保できたので、特にストレスとかはなかったです!」


                     写真はイメージですがこんな感じだったそう

「快適そう!充実してるなぁ~、確かに自分の空間ってめちゃくちゃ大事だ、そこまでいくと旅行みたいな感じすらしますね」

「ほんとにそうでした!ただ、、、」

「?」

「食事は近くの食堂で提供されるんですが、そこのお店が日本料理店で、主食は白米のみでした」

「合宿っぽい」





時には悲しいこともある



「今のところ合宿免許の弱点が見つからないです。教官がめっちゃ怖いとか何か裏がありそうだな、、、」

「そんなことないです笑 教官は全員優しかったし、めっちゃ仲良くなれました!なのでほんとに運転が楽しかったです、検定試験にも1回も落ちませんでしたよ!」

「それはスゴイ、教官と仲良くなれるとか貴重すぎる!ちなみに、その試験に受からなかったらどうなるんですか?」

「延泊ですね、合宿の期間が延びて合格するまで帰れません」



「ということは、もし自分が友達と一緒に参加してた時そうなったら、、、」



「残念ながら取り残されますね、現に1人になって4日間くらい延泊していた教習生もいました」

「うわぁ、かわいそうすぎる」





新たな出会いを求めて



「合宿免許って、違う地域から来た参加者と仲良くなれるイメージがあるんですが、これあってますか?」



「そこは本当に自分次第ですね、基本的に話しかけるタイミングが教習と教習の合間くらいしかないので、そこで勇気を振り絞れるかどうかだと思います笑 」

「なるほど、コミュニケーション能力が試されるな、、、」

「まさにそうですね笑 仲良くなった人たちは、合宿所のロビーにある大きいテレビで毎日映画とかみてましたよ」

「うわ、それは間違いなく楽しいやつですね!Nちゃんは一緒に見なかったんですか?」

「いいんです!!!私は親友と居られたので幸せでした!!!!!!!!」

「必死だ、、、まあいろいろな楽しみ方がありますからね、、、」


ハセガワさんとの別れ




「最後に、Nちゃんにとって1番の思い出を聞かせてください!」

「ん~、やっぱりハセガワさんですかね~」

「誰?」

「教官の方です!めっちゃかっこよくて初日から大好きだったんですけど、1回しか教習に当たらなくて、もう会えないな~って思っていたら、最終日宿から帰る直前にたまたま出会えたんです、それで、お疲れ様!って言ってくれたんですよ!」

「熱意がすごい!気になるなぁハセガワさん」



「私が乗ったバスが見えなくなるまで手を振ってくれました!ほんとにステキなんですよ、ちなみに一緒に行った友達はスズキさん推しでした」


「もうわけ分からん」





まとめ


今回、合宿免許についてインタビューして分かったことは、短期間で集中して免許が取得できるような仕組みがきちんと整えられているということです。それに加えて、一生忘れないような思い出ができるかも!これからの長期休みに免許取得を考えている武蔵生は、是非参考にしてみてください!


インタビューに協力してくださったNちゃん、ご協力ありがとうございました!

                                                                                               
(社会学部2年 小林)
【素材 ぱくたそ 写真AC】
PAGE TOP