江古田世界一周  第1部『日本』×『お志ど里』編

2017年07月13日




私たちはいま東京都練馬区、江古田にて世界一周の食旅に出ております。
その旅の記憶をお伝えしたく、筆を執った次第です。
皆様にはまた唐突なお話だと笑われているかもしれませんね。
しかし、私たちはふと世界を知りたくなったのです。
私たちがいまいる江古田には、世界各地の飲食店が多いことを以前から存じておりました。
そこで、江古田で世界を一周する食旅ができるのではないかと思いついたのです。



・江古田世界一周の食旅は編集部員のリレー形式企画です。
・この企画は世界を食で一周することを目的としております。そのため、世界を下記矢印の方向に転々と周ることとなります。

・各国の記事はそれぞれの国を担当する編集部員らが編集していきます。私たちの個性が表れた文体や表現もお楽しみ下さい!
・食事の感想や、お店のレポートはあくまで各編集部員の個人的な意見です。ご了承ください。



さて、上記でお伝えした通りの思いから始まった世界一周の食旅ではありますが、一番初めの国は前々から決めておりました。

日本」でございます。

そして、私たちがこのたび訪れたお店は江古田駅南口からほど近い『大衆割烹 お志ど里』さんです。

 基本情報
1階 134席 2階 100席 合計 230席
営業時間 11:30~22:50
電話 03-3993-7133
住所 練馬栄町4-1

 
 
 
 
 
 



ドアをカラカラと開けた先には、ライトの色が
温かい、アットホームな空間が広がっていた。












昼夜問わず、お酒が楽しめる店内ではジョッキ片手にお客さんの話が盛り上がる。
ふと店内を見渡せば、壁に料理の名前が書かれた紙が一面に貼られている。
ひーふーみー…、目視できる数をざっと数えたがその数70以上。













グラスのぶつかる音。「かんぱーい!」という陽気な声。とても賑やかなお店だ。


席に案内していただき、一息ついた私たちは、店主さんに人気の品をお聞きし、この3品を注文した。





















しょうが焼き定食

驚くことなかれ、一人前でこのボリューム。美味しそうな匂いにお腹がうなる。
しょうが焼き一口、ご飯大口3杯。
お肉の脂の甘さとタレの濃ゆい味わいにご飯が止まらない。
定食のお供は小鉢のひじき煮とお漬物とお味噌汁。
ひじき煮とお漬物で一休み。おふが優しいお味噌汁でひと段落。
気持ちも満たされて、お腹いっぱい。ご馳走様でした。










刺身定食

皿に盛られたお刺身がとても華やかで食欲がそそられる刺身定食。季節や日によって異なる盛り合わせを提供しています。
まずはやっぱり、お刺身を食べなければと思い赤身を一口。食べて新鮮だってわかるお刺身っていいよなぁと思いながら、温かいご飯をほおばります。お刺身と同じお皿にちょこんとのっている卵焼きは、ほどよい甘さで優しいお味。もっと卵焼きが食べたくなったのは秘密。
あつあつのお味噌汁が最初は飲めなかったので、中盤でやっとお椀をとりました。飲んでみると不思議と安心した気持ちになりました。ほっと一息。
お皿が空になる頃には、満腹を訴えていました。美味しいだけではなくボリュームもあるので、たくさん食べたい人に嬉しい定食です。 
 
 

もつ煮定食

おしどりさんのもつ煮定食は、その味を食べに何度も足を運ぶお客様や、何十年ぶりに食べに来られる方もいらっしゃるという、まさに定番メニュー!お肉はじっくりと煮込まれ柔らかく、口の中でとろけるようです。味が全体に染みわたっていて、あったかい白いご飯と相性が抜群。お箸を進める手が止まりません。お味噌汁はホッとできるどこか懐かしい味。このボリュームでお値段がなんと590円!早い、安い、美味いを兼ね備えた、まさに学生に、町の人に愛される定食です。
















Qオススメのメニューを教えてください!
 
特に生ものに力を入れているので、その時々のお刺身がオススメです。築地で仕入れた掘り出し物を、サービスメニューとして、普通よりかなり安いお値段で提供することもあります。

Qお店のコンセプトを教えてください!
大衆割烹という名の通り、「安く、美味しい料理を」ということでやっています。

Qお店の名前「お志ど里」の由来は何ですか?
もとは、有楽町にあったお店を借りて営業を始めたので、そのまま名前を使わせていただきました。有楽町のガード下と御徒町の駅前にあった二店舗をまとめて、昭和48年から江古田で営業をしています。

Q江古田はどんな町だと思いますか?
学生さんが多いので、エネルギーがありますね。また、季節ごとの催しごとが色々とあり、他の町に比べてもそれがはっきりしていると思います。

Qどんなお客様が多いですか?
お蔭様で、老若男女かなり広い年齢層の方が来てくれています。昔からやっているので、常連さんも多いです。武蔵大学の卒業生さんも昔から通ってくれている人もいて、中には40年ぶりに来てくださったなんて方も結構いらっしゃいます。

Qどういうお店であり続けたいですか?
今まで通り、出来るだけ安く美味しいものを出して、皆さんに愛していただけるようにしたいです。

Q最後に、武蔵大生に一言お願いします!
学生のうちに人との繋がりをいっぱい作って、楽しんでください。うちはお昼からお酒が飲めますし、良い地酒を揃えていますので、飲み会などでもぜひお待ちしております!









私たちはいま東京都練馬区、江古田にて世界一周の食旅に出ておりました。
第一弾の今回は日本大衆割烹 お志ど里』さん。
歴史のなか、常にお客さんに寄り添い続けている人の笑顔が溢れるお店。
私たちはここで満腹感とともに幸せな気持ちを頂きました。
皆さまも『大衆割烹 お志ど里』さんへ旅に出てはみませんか?

Next trip is coming soon…中国

【社会学部 3年 北村・今野・細谷】
フリー素材(飛行機):シルエットデザイン

PAGE TOP