栄光の玉座

2018年04月25日

桜が散り、若葉が芽吹くこの季節、皆さんいかがお過ごしでしょうか?私は花粉がつらくてとても正気を保てそうにありません。


という訳で私の自我があるうちに今回のテーマを発表したいと思います!!

今回のテーマは・・・・武蔵大学のベンチです。皆さん興味津々ですよね。

早速皆さんをベンチをめぐる冒険・・・アドベンチャーへご招待します!!!

 

 

 

 図書館前

 

 

 

図書館には比較的大きなベンチがあります。図書館で勉強した後に、ここでゆっくり座りながら風にあたる。これ以上の贅沢がどこにあるのでしょうか。近くに自動販売機もあるので喉が渇いても安心です。

 

 7号館裏通り

 

 

少し薄暗いこの通りは隠れたベンチスポット。座るだけで秘境にいるような気分を味わうことができます。なぜなら人があまり来ないから・・・

誰もいないところで物思いにふけりたい、そんな時にお勧めです。

 

 

10号館前

 

 

10号館の前にはスポーツ広場があります。バスケやフットサルに励む学生をベンチで見守る、それもまた一興でしょう。

近くに濯川(すすぎがわ)も流れているのでマイナスイオンをギンギンに感じることができます。

 

 

 中庭

 

 

大ケヤキをいつまでも見ていたい、そんな方にお勧めのベンチです。大ケヤキの雄大さに腰を抜かした時もこのベンチがあれば安心。

大ケヤキは武蔵大学のパワースポットみたいなもの(主観)なので、ぜひベンチに座って大地の鼓動をその身に刻んでください。

 

 

 

 

 空中庭園

 

 

最後は武蔵大学が誇る空中庭園のベンチの紹介です。やはり草花というのはいつの時代も人々を魅了するものです。それは武蔵大学の学生も例外ではありません。

お昼時や授業の合間などにベンチに腰掛け、談笑する姿をよく目にします。ここのベンチは、座る人たちの笑顔のために存在しているのかもしれません。






皆さんいかがでしたか?いくつかのベンチを紹介してきましたが、まだまだ武蔵大学にはベンチがたくさんあります。ぜひ自分だけの推しベンチを発見してください。

最後に新入生の皆さん、学生生活を思う存分楽しんでくださいね。

(社会学部3年 小松崎晃)

                  

 

 

 

 

PAGE TOP