悩む就活生の必死のインタビュー

2013年08月12日


Q10 キャリア支援センターが言う就活のコツとは?

 

就職活動へのコツ!がありましたら教えてください!

 

私はどうせやるのでしたら、前向きに、楽しく取り組んでいくことだと思いますね!




(古川さん)

魅力的な大人達に出会うことですね。就職活動を始める学生さんは、働くことに
あまり良いイメージを持っていない方が多いと思うのですが、でも本当は楽しく
イキイキと働いている人もいます。そんな魅力的な大人へ近づいて行って下さい。




(浅羽さん)

 


 

これからの就活に不安があり、まだ1歩踏み出せない学生に対して
ひと言お願いします!

 

行動あるのみです!向こうから職が降ってくることはないので、自分から動かないと
いけませんね!本学には『自ら考え、自ら行動する』という理念がありますので、
自分からぜひ勇気を出して動き出して欲しいです!




(古川さん)

就職活動は学生の特権で、今しかできないことのひとつでもあります。ぜひ少しでも
多くのものを見て、触れて、行動に移してほしいと思います。企業訪問なんて大学を
卒業してしまうと、営業で行くくらいしか機会がないですからね。




(浅羽さん)

だからこそ、堂々と企業にお話を聞きに行くことができるというのはすごく
重要な時期で、羨ましい時期でもありますね。学生のこの時期を有効に大切に
活用して下さい。

 




(浅羽さん)

ありがとうございました!

 

 


 

今の時期から就職活動の準備が始まり、あなたの周りでもスタートラインから1歩進み始めている学生も出てきているのではないでしょうか。逆に、その人たちを見て、焦り始めている人もいるのではないでしょうか。

その中では、自分も何か動き出したいのだが、どこから始めれば良いのかわからないと悩みを持つ人が多いかと思います。しかし、ずっとそこに立ち止まって考えていてはいけません。

重要なことは、悩みを1人で抱え込まないこと。
自分を良く知っている周りの人に悩みや気になることを話してみる、またキャリア支援センターには経験豊富な多くのスタッフがいますので、武蔵大学の学生は就職活動に関して気軽に相談をしてみてはいかがでしょうか?少しでも今抱えている不安が軽くなると思います。
次に、何事も行動へ移すこと。悩みができたらすぐに調べる、相談する、気になる企業を訪問をする機会と出会ったら利用してみる。このように行動に次々と移していった後には、多岐にわたる将来への道が広がるのではないでしょうか。

まだ3年生は就活の準備が始まったばかりです。今の自分がどのような人間で、どのような状況にいるのかを考え、どんどん行動に移していきましょう!

就活を無事に終えて、楽しい大学4年間だった!と胸を張って言えるようにしましょう!

(石山大貴)


 

キャリア支援センターから告知をお願いします!

 

武蔵大学は3年の10月頃に行う『全員面談』があります。これは3年生全員が
キャリア支援センターのスタッフと面談をする月間です。
ぜひ早い内に来てもらって、2回3回と利用してください。




(古川さん)

イメージ的には就職活動の作戦会議という感じです。
1人ひとりキャリアの道はこれから違ってきますので、その人の特性や進む
方向に合わせて作戦を練る面談です。ぜひ学生全員に来て欲しいです。




(浅羽さん)

ありがとうございます!この全員面談後5、6回と続けて面談を利用した
学生は内定をもらう時期が早く、内定率が高いというデータもあるそう
なので、ぜひ10月は全員面談に行ってみましょう!

1 2 3 4
PAGE TOP