『やぎ』に会いに行こう!【武蔵高等学校中学校】

2022年07月12日

緑豊かな、武蔵のキャンパス。

キャッチフレーズを「ゼミの武蔵」から改め、「セミの武蔵」とする計画が進行中です(嘘)。

キャンパスの中は大きな木々に囲まれ、川まで流れています。

きじキジ編集部は、そんな武蔵のキャンパスを、何度も取り上げてきました。

夏にカブトムシの捕獲を目論んだ事もありましたし、時には、たんぽぽの根を川ですすいだ事もありました)

 

これまで、きじキジ編集部は、主に武蔵大学の敷地内を取材してきました。

この度、武蔵学園の敷地で、やぎを飼っているとの情報をキャッチしました!

学校で、やぎを飼っているという話は聞いたことがありません。

・・・これは取材するしかない。WEBライターの血が騒ぎます。

 

そして・・・なんと・・・今回、取材許可をいただきました。

(おそらく)きじキジ初の、武蔵高等学校中学校の取材です。

 


 

取材当日、編集部一行は、やぎ舎に向かいました。

やぎ舎があるのは、大学11号館の南西側、武蔵高中の玄関の近くです。

(11号館ってどこ?いつからあったかな?と思った方は、こちらの記事をご覧ください)

 

↑「武蔵学園内に現存する、最古の木造建築物」とのこと。築11年。

↑やぎ舎は2011年に建てられました。増築を繰り返しているので、どこが原形かわからないそうです。

 

今回、取材に応じてくださったのは、普段、やぎの飼育を担当している生徒の方々です。

BE A GOAT !

「やぎになれ!」群れるな。ということですね。自分で考え、行動する事の大切さを感じます。

 

気になっていることを、飼育している生徒の方々に聞いていきましょう。

その前に、話を聞かなくてはならない方がいます。

 


 

<独占インタビュー>

やぎに聞く!〜武蔵での暮らし〜

はじめまして。きじキジ編集部から参りました、寺田と申します。

本日はよろしくお願いします。

メエェ〜

 

かわいい

 

まず、このプロジェクトが始まった経緯など、聞かせていただけますか。

プイッ(そっぽを向く)

あ、あの・・・経緯などお聞かせ・・・

あっ!行かないでください!!まだ聞きたいことが!!!

 

 

草を食べに行ってしまいました。誠意が足りなかったのでしょうか。

気を取り直して、普段、やぎの飼育を担当している生徒の方々に、お話を聞きました。

 

次のページ:

まじめなインタビューのお時間です

 

1 2 3 4
PAGE TOP